会社概要

スタッフブログ

ハイキング

江東区の葬儀社 セレモニーハート西大島ホールの飯田です。


みなさまこんにちは。
先日の休みに信州方面に遊びに行き山登り&ハイキングしてきました。

20180809blog


もちろんリフトで(^_^;)

20180809blog 2


山頂は清々しい風が吹いていました、眺めサイコー。

20180809blog 3


近くの湖へ。

20180809blog 4


湖の定番と言えばボート・・・暑かったので乗りませんでしたが・・・。


機会があれば次は自分の足で登ってみようかなぁと思います。

 

---------------------------------------------------------

江東区の区民葬儀・家族葬・お葬式のことなら

西大島駅徒歩5分

セレモニーハート西大島ホール

✆0120-890-222

---------------------------------------------------------

葬祭ディレクター

江東区の葬儀社 家族葬のセレモニーハート西大島ホールの遠藤です。

 

皆様は「葬祭ディレクター」という資格をご存知でしょうか?

 

厚生労働省により認定されている技能審査制度ですが、

葬祭業に携わる方々の知識や技能を審査し、認定する制度です。

 

私はこの業界に入るまでは、このような資格制度があるとは知りませんでした。

 

「二級」「一級」と種類があり、現在私は二級の資格を所持しています。

そして、本年ようやく実務経験が規定に達し「一級」を受験できるようになりました。

 

受験日は来月なのですが、早くも緊張しております。

 

よりご家族に安心感を提供できるよう、一級を無事合格できるように精進します。

 

---------------------------------------------------------

江東区の区民葬儀・家族葬・お葬式のことなら

西大島駅徒歩5分

セレモニーハート西大島ホール

✆0120-890-222

---------------------------------------------------------

終活

江東区の葬儀社 セレモニーハート西大島ホールの夏目です。

ここ数年、「終活」という言葉を耳にします。
弊社でも事前に葬儀について相談に来られる方、セミナーなどに参加して頂き多くの方に認識されているのだと感じます。

終活における目的は、「自分を見つめ、今をよりよく自分らしく生きる行動」とのことです。
高齢化が進み今や、4人に1人以上が高齢者であるとされています。
自分らしく生きるために残された時間をどのように活用していくか。終わりのことを考えるのではなく、これからの生き方
を考えていくとのことです。
私自身終活を調べてみて家族に迷惑をかけたくないといった理由がありましたが、非常に日本人らしい答えだと感じました。

また、エンディングノートと言ってご存じの方が多いと思います。
自身について、思いや希望をノートにまとめておき残された家族に伝える方法として用いられることもあるようです。
葬儀の形や財産や参列して欲しい友人など様々な伝えておきたいことが、亡くなった後に残された家族に伝えるためには非常にありがたい物だと思います。

私は、「終活」という言葉のイメージはマイナスだと考えていました。
よりよく自分らしく生きることをイメージすると前向きなプラスな考え方へと変わります。
変わるためや、見つめなおすためには良いきっかけ作りかもしれません。

以上。
私が、考える「終活」についてでした。

 

20180715blog

 

---------------------------------------------------------

江東区の区民葬儀・家族葬・お葬式のことなら

西大島駅徒歩5分

セレモニーハート西大島ホール

✆0120-890-222

---------------------------------------------------------

オープンしました!

江東区の葬儀社 セレモニーハート西大島ホールの小森です。

祈りと供養のショップ&サロン INORIE(イノリエ)」が6月27日に
リニューアルオープン致しました。

20180701blog 1

改装中にも足を運んでくださるお客様もいらして、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。
リニューアル後の『INORIE(イノリエ)』は、たくさんのお客様より『以前より、商品が見やすくなった』とご好評をいただいております。

20180701blog 2

一部の商品を除き、30%オフの商品を取り揃えておりますので、この機会に是非
お気軽にお越しください。

20180701blog 3

 

20180701blog 4

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

 

---------------------------------------------------------

江東区の区民葬儀・家族葬・お葬式のことなら

西大島駅徒歩5分

セレモニーハート西大島ホール

✆0120-890-222

---------------------------------------------------------

変わりゆくもの

東区の葬儀社 セレモニーハート西大島ホールの馬場です。

梅雨に入り今年も残すところあと半年!!!

来年4月には元号が変わりますね。
昭和の時代が終わり平成生まれヤバーい、若ーい!などと言っていましたが

明治、大正、昭和、平成、新元号と時代が変わって、
新しい世代になっていくことにより失われつつあるもの。。。

≪≪宮型霊柩車≫≫


昔、土葬の時代は野辺送りの際故人を棺納めた棺を「輿」に乗せ自宅から埋葬する墓地へと人の力で運んでいたそうです。
(見たことはないのですが…)
これが昭和30年ころから自宅(式場)から火葬場まで故人をお連れする霊柩車が普及しました。

職人の技術が光る最後の送りにふさわしい豪華な装飾、
外国産自動車が日本に大量に輸入されるようになり始めた時代。

昭和激動の中、『誰でもいつかはロールスロイス。』
というほど葬儀には宮型霊柩車が象徴的なものとなっていましたが、

●宮型霊柩車の職人の減少。

●近所に知られたくない。

●葬儀にお金を掛けたくない。

など様々な理由から、華美な宮型霊柩車は段々とその姿を見る事が出来なくなっています。

霊柩車を見たら親指を隠す。なんて迷信のある地方に育ってきたせいか、
昔の良い物が無くなっていくことに若干寂しさを感じています。

絢爛豪華な宮型霊柩車。
私の番まで残っているといいな。と思います。

 

 

---------------------------------------------------------

江東区の区民葬儀・家族葬・お葬式のことなら

西大島駅徒歩5分

セレモニーハート西大島ホール

✆0120-890-222

---------------------------------------------------------